新型RXのデザインは近未来的だった。

先日、名古屋に行く用事があって、ミッドランドスクエアの近くにある名古屋観光ホテルに宿泊しました。

偶然にもミッドランドスクエアで新型のRXが特別展示されていたので、少しだけ見に行ってきました。

RXは乗った事がないしあまり詳しくないので、大したことは書けませんが、ぱっと見た感じで受けた印象などを少しだけ書きたいと思います。

2015年モデル新型LEXUS RXの外観(前から)

2015年モデル新型LEXUS RXの外観(後ろから)

第一印象はデザインが近未来的になったなぁというのを感じました。

レクサスのシンボルとなっているスピンドルグリルが強調され、L字型のヘッドライトが煌びやかに輝いていました。

新しい車と古い車の違いの1つとして、ランプ類の美しさというかきらびやかさがありますよね。

新しい車はヘッドライトやテールランプ、ウィンカーが目立って人の目を引きます。

私はRXのようなタイプの車があまり好きではありませんが、RXが好きな人は実物を見るとめちゃくちゃ欲しくなるでしょうね。

内装はこんな感じです。

2015年モデル新型LEXUS RXのインテリア

最初に目につくのはディスプレイの大きさ、LSもかなり大きいディスプレイを備えているのですが、新型のRXはそれよりもさらに大きいディスプレイが搭載されています。

基本的にディスプレイは大きい方が使いやすいので、見やすく使いやすくなっている事でしょう。

展示されていた車のグレードが分からないのですが、ダッシュボードやドアの内張りの部分など多くの部分に非常に手触りのよい上質な革が使われていてスポーティーながらも高級感のある空間に仕上がっていました。

まだ試乗などはできないと思いますが、エクステリア、インテリアともにかなり洗練されていたので、RXが欲しい人にはたまらないでしょうね。

レクサスNXも展示されていた。

新型RXの横にNXも展示されていたので、ついでに写真を載せておきます。

NXも少しコンパクトで街乗りとして使うにはめちゃくちゃ良さそうです。

2015年レクサスNX

子供たちはこういう背が高くて大きい車が好きなようで嬉しそうに乗ってました。

2015年レクサスNXに乗って喜ぶ子供たち

最初は賛否両論あったものの、今ではすっかり定着したレクサスのブランドアイデンティティの1つL字型ライト。

レクサスNXのL字型ヘッドライト

ヘッドライトは私の記憶ではRCから採用された3連型のかっこいい先進的なデザインのものが使われているんですね。

名古屋のミッドランドスクエアには初めて行ったのですが、レクサスの展示ブースには人だかりができていました。

レクサスのディーラーで人だかりができているなんてことはほとんど見かけないので、ちょっと新鮮でした。

ディーラーの場合は車を売ることが目的なので、買う気が全くない場合には冷たくあしらわれるなんてこともあって、入りにくいのかもしれませんが、こういう展示されているだけの場所の場合には誰でも気楽に行きやすいというのがあるのかもしれません。

現時点(2015年8月20日)で新型RXの実物が見られるのは名古屋のミッドランドスクエアだけなので、RXが大好きという人は行ってみて下さい。

ただ、展示されている車は新型RXとNXの2台だけなのでちょっと物足りない感じはします。

2階にはトヨタの展示ブースがあって、ミライ(MIRAI)なども展示されていました。

東京都内の某ホテルの地下駐車場でたまたま私のLSの横にベンツの新型Sクラスが停まっていたのですが、レクサスは確実にドイツ勢と方を並べるくらいになってきていると感じました。

デザイン、走行性能などあらゆる面で同等かそれ以上になってきていると思います。次のLSのフルモデルチェンジでメルセデス、アウディ、BMWを圧倒的な差で抜き去るかもしれません。

ベンツの新型Sクラスとレクサスの新型LSが並んでいる写真

色もたまたま同じ黒色だったので、比較して見られて面白かったです。

ページTOPへ