レクサスのスマートキー&カードキーに感動した!

レクサスの納車式の様子を紹介したページでも書いたように、納車式の時に車の鍵を受け取ります。

キーを受け取る時にレクサスの車がついに自分のモノになったと感じる事ができますよね。

スマートキーが2個とカードキーが1個ついているのですが、特にカードキーについてより詳しい事を知りたいという問い合わせをいただきますので、レクサスのカードキーについてこのページでご紹介します。

レクサスLSのカードキーとリモンキー

レクサスのカードキーですが、スマートキーと違ってドアのロックを解除するボタンやトランクを開けるボタンは付いていません。

したがって、ボタンを押して車から少し離れた場所からリモコンでロックを解除したりする事はできません。

カードキーを持って、車に近づくとドアミラーの下に付いているライトが点灯して、足下を照らしてくれます。

そして、ドアノブに手を触れると自動的にドアロックが解錠されます。いちいちポケットや鞄からキーを取り出さなくてもいいので便利です。

離れた場所から操作できる点で、スマートキーの方が便利なのですが、スマートキーは大きくて重いので、どちらがいいかは人それぞれでしょう。

ロックする時も、ドアノブについている小さな突起上のボタンのようなものを「ぽちっ!」と押すだけでロックがかかります。

鍵を手に取らなくてもいいというのは、ちょっとした事のように思えるのですが、一度体験すると想像以上の利便性があって快適です。

次にカードキーの大きさ・厚さや財布などのカード入れの部分にも入れる事ができるのかを画像と動画でご紹介します。

カードより小さくて、カード入れに何とか入る!?

カードキーと呼ばれるくらいだから、カードくらいの大きさだという事は簡単に想像できるのですが、実際にはキャッシュカード、クレジットカード、免許証などの一般的なカードサイズよりも少しだけ小さいです。

下の画像は、レクサスカードキーの下に銀行のキャッシュカードを置いています。少しだけ後ろに銀行のキャッシュカードが見えているので、キャッシュカードより少しだけ小さいのが分かりますよね。

レクサスカードキーと銀行のキャッシュカードを重ねて大きさを比較

厚みは、カードよりも厚くなっています。カードを2枚か3枚重ねたくらいの厚みがあって、手に持っても大きく感じます。

厚みがもう少し薄くなれば、本当にカードキーの名にふさわしくカードを持っている感覚で使えるので、今後の技術の発展に期待しましょう。

レクサスカードキーの厚み

この厚みのせいで、財布のカード入れなどには正直入りにくいです。入らないことはないのですが、入れてしまうと別のカードの出し入れがしにくくなりますし、財布が分厚くなってしまいます。

レクサスカードキーを財布のカード入れに入れたところ。

女性の場合は、財布を鞄に入れる事が多いので問題無いと思いますが、男性で財布をズボンの後ろのポケットに入れる場合は、自分の体重の重みでカードキーが割れたり壊れたりしないかも少し不安です。

最後に、動画でレクサスのスマートキーとカードキーをご紹介します。

他にもレクサスLSの事をいろいろと紹介している動画をアップロードしていますのでご覧下さい。

新型レクサスLSの動画はこちら→http://www.youtube.com/user/2fixi9b5

スマートキーとカードキーを受け取って、車の簡単な説明を受けて、いよいよ車の乗り込んで出発です。

乗り心地などいろんな情報を随時掲載していきます。何か欲しい情報があったら写真や動画でご紹介させていただきますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

ページTOPへ