レクサスって無料で洗車してもらえるの?

インターネットでレクサスの事について書かれている掲示板を見ると、レクサスを買った人はディーラーで無料の洗車サービスを受けられるというのをよく見かけます。

他方で、レクサスが日本に上陸した当初は洗車の無料サービスがあったけど今は有料になっているとか、自分の買った店は無料でしてもらえるけどそれ以外の店では有料だなどの意見もあります。

私もレクサスLSの商談の時、契約した時、納車の時などにたくさんの事を説明してもらいましたが、洗車サービスについての説明は受けませんでした。

分からなかったら直接レクサスに聞いてみるのが一番早いので電話して聞いてみました。

また実際に洗車サービスをお願いしてみました。

巷にはいろんな情報が溢れていますが、現時点(2014年2月)では直接レクサスのスタッフに質問していただいた回答ですので、ここで説明する事が正解だと思います。

結論としては、「レクサスオーナーズカードを持っていれば自分が買った店に関係なく全国どこのディーラーでも予約をすれば無料で洗車サービスを受けられる」という事でした。

つまり、レクサスを新車で買った人か認定中古車(CPO)で買った人のみが無料の洗車サービスを受けられるという事です。

↓レクサスオーナーズカード

レクサスオーナーズカードの画像

いくらレクサスに乗っていても、レクサスの正規ディーラー以外の店で買った中古車の場合にはレクサスオーナーズカードが発行されませんので無料の洗車サービスは受けられません。

ここでもレクサスの中古車をCPOで買うメリットがあり差別化されています。

では、私自身が実際に無料洗車サービスを利用してみましたので、実際にはどんな感じだったのかをご紹介します。

レクサスの無料洗車サービスは最高のおもてなし!

私がレクサスLSを買ったのは自宅の最寄りのレクサスディーラーではなく、仕事でよく行く場所にあるディーラーです。

今回は敢えて車を買った店ではない、自宅の最寄りのレクサスディーラーにお願いしてみる事にしました。

まずは電話して違う店で買ったけど洗車サービスの予約ができるかを尋ねてみると、何の問題も無くオーケーでした。

とても気持ちよく対応していただき、都合のいい時間を聞かれたので、「今日は大丈夫ですか?」と言ってみると意外にも予約が取れました。

電話したのが土曜日の15時くらいでしたが、その日の17時前に予約が取れました。

日曜日や祝日だと混み合っていて当日の予約は難しいかもしれませんが、平日だと当日の予約でも大丈夫なのかなという感じでした。

ただ、できれば早目の予約をしておく方が相手にも無理な負担をかけないので良いでしょう。

予約した時間にディーラーに行くと、駐車場エリアに進入してバックで駐車しようとしている間にもう受付のスタッフが出てきてくれました。

駐車すると助手席に座っていた嫁さん側のドアを開けて「○○様ですね?」と、とってもスムーズで気持ちのいい対応をしていただきました。

やっぱり運転している男よりもレディーファーストって事なんですね(笑)

そのままレクサスオーナーズラウンジに誘導されて、コーヒーとお茶菓子をいただきました。

ゆっくりとくつろぐこと約30分くらい。

洗車ができましたとさきほどのスタッフさんが伝えにきてくれました。

出来上がりは十分に奇麗です。

ホイールの細かい部分まで奇麗に洗っていただけて、無料にしては十分すぎるくらいのサービスです。

レクサスの無料洗車サービスはホイールまでこんなにピカピカに。

僕は基本的に洗車は自分でします。

イチローが子どもに「野球が上手くなる秘訣な何ですか?」と質問された時に「それはバットやグラブなどの道具を大切にする事です。」と答えたエピソードがあります。

メジャーリーグでは、試合が終わった後、バットやグラブの手入れは専属のスタッフがやるのが普通なのだそうですが、イチローは必ず自分でやります。

これこそが日本人らしいというか、日本人の持っている強い精神の部分なんだと思います。

私の場合で言えば、仕事で使うノートパソコン(MacBook Pro)、自分や家族を快適に安全に移動させてくれる車(レクサスLS)などは感謝の気持ちを込めながら大切に自分で洗い・磨き・手入れしたいのです。

自分が仕事や生活の中で使う道具を大切にしない人が、それを使って立派な仕事ができるとはとても思えないんですよね。

イチローの「道具を大切にしなさい。」という忠告は、私たち日本人は絶対に見習わなければならない心だと思います。

日頃から定期的に洗車しているような車で、表面が汚れているだけという状態であれば、レクサスの無料洗車サービスでピカピカに奇麗になります。

長期間洗車も手入れもせず放置している車であれば、それほど奇麗になることはないでしょう。

私の個人的な意見としては、基本的には自分で定期的に洗車をし、どうしても時間がない時、凍結防止剤を流したい時、夏に高速道路を走って虫の死骸が付いて汚れた時、あまりにも寒い時などに補助的に無料洗車サービスを利用するという使い方がベストだと考えています。

それにしても、ラウンジでふかふかの高級ソファに腰掛けてコーヒーを飲みながら本でも読んでいる間に洗車をしてもらい、洗車代もコーヒー代も全て無料というのはちょっとあり得ない極上のサービスですよね。

※レクサスの洗車サービスについては、有料で実施している店舗があるとの情報をユーザー様からいただいております。詳しくはレクサスの洗車サービスは無料か有料かのページをご覧下さい。

ページTOPへ