L字型のLEDポジションランプが煌びやかに光る!

新型LSのポジションランプにはL字型のLEDポジションランプが搭載されました。

LEDの強烈な明るさとL字型の形で、前から見ると一瞬でレクサスだと分かるほどの存在感を示しています。

LEDってほんとに明るいです。明るいだけじゃなくて光が透き通るような独特の輝き方をするんですよね。

昼間でもぼけずにレーザー光線のように光を放っています。写真では分かりにくいかもしれませんが、実際には昼間でもはっきりと光が見えます。

昼間の新型LSのL字型LEDポジションランプ

いろんな車に明るいポジションランプとかフォグランプとか付けてるのがありますが、ああいうのとは輝きの質が違います。光の周波数とかが根本的に違うんでしょうね。

とにかく煌びやかで美しい面構えになっています。

縦型のLEDフォグランプがデザインの統一感を際立たせる!

新型LSは車体の下の方についているフォグランプも標準でLED化されています。ヘッドランプ全体をLED化するには20万円以上のオプションが必要なのですが、ポジションランプとフォグランプは標準でLEDです。

フォグランプの形が少し変わっていて縦に一本のラインが入っているようなものになっています。

面積としては小さいのですが、何せLEDですからこれがすごく明るくて存在感抜群です。

このさりげない縦ラインのフォグランプが、前から見たときの全体デザインの整合性を保っています。

ボンネットを横から絞り上げながら前に突き出し、スピンドルグリルにつなげているラインがあり、その絞り上げた緊張感を縦ラインのフォグランプが緩めて下方向に流し全体を美しく仕上げています。

フォグランプというのは元々霧が濃い時に使うものだと思うので、基本的に点灯する事というのはあまりないと思うのですが、霧が無くても点灯した方がデザイン的には美しいと思います。

夜に点灯するとこんな感じです。ちょっと明るすぎてぼけてますが、本当にヘッドライトをつけなくてもものすごく明るいです。

レクサスLSのLEDフォグランプを夜間に点灯させたところ

周囲に自車の存在を知らせる事もできるし安全性も高められます。そもそも昼間点灯という概念が日本にはまだ浸透していませんが、アメリカなど欧米ではもはや常識になっています。

昼間でもしっかり自車の存在をアピールした方が歩行者などにとっても安全で事故率を減らす事ができます。

かっこいいいし、安全性を高められるし、昼間でもLEDポジションランプとLEDフォグランプは点灯しましょう。

ページTOPへ