レクサスLSは本当に大きい!

レクサスLSは、ぱっと見た感じはそれほど大きいようには感じられないのですが、実際にはものすごく大きいです。

小さな立体駐車場などでは入れる事ができません

ロングサイズではない普通のLS460でも全長5,090㎜、全幅1,875㎜、高さ1,475㎜、重量2,230kg(最軽量の場合)となっています。

小さめの駐車場では入りません。大きめの立体駐車場でギリギリ入るというサイズです。

ちなみにLS600hの場合、重量がさらに増えますので、立体駐車場はまず入らないと考えておいた方がいいです。

全長5,200㎜、全幅1,950㎜の立体駐車場としては大きめのところに入れた写真がこれです。

レクサスLSを立体駐車場に入れた画像

横幅が本当にギリギリです。

横幅をもっと拡大した写真を見ると、よく分かります。

レクサスLSを立体駐車場に入れるとよ小幅がぎりぎりになる。

たぶん1〜2㎝くらいの余裕だと思います。このスペースで車を入れるのは、はっきり言ってかなり気を使いますし、それなりの技術が必要です。

駐車場に入れるのが苦手な人はLSは乗らない方がいいかもしれません。

次に、某ショッピングモールの駐車場に入れた時の写真をお見せします。

大型ショッピングモールの駐車場でも入り切ららない

西日本でも有数の富裕層エリアにある某大型ショッピングモールの駐車場に止めた写真がこれです。

暗くて見にくいですが、雰囲気だけでも伝わると思うので一応写真を載せておきます。

某大型ショッピングモールの駐車場にレクサスLSを止めた時の画像

左右ともに線の上にタイヤが乗っかってしまっていて、本来の駐車スペースには納まっていません

ショッピングモールとか大型スーパーとかの駐車場って、そこに来る客層によって駐車場の大きさが異なりますよね。

軽自動車ばかり止まっている所とか、駐車場が狭いです。でも、このショッピングモールはベンツ、BMW、アウディなどのジャーマン3やポルシェ、マセラティなどがいっぱい止まっているような所です。

そんな所でもレクサスLSはかなりきついです。

郊外の駐車スペースが大きい大型ショッピングモールはまだましですが、それ以外の場所にお出かけする時は、駐車場のことを考えなければなりませんし正直かなり気を使います。

もう一度言います。車庫入れの技術に自信が無い人はレクサスLSはやめておいた方がいいと思います(笑)

ページTOPへ