レクサスのナビ自動更新が超便利!

レクサスはG-Linkという機能が利用できます。G-Linkにはたくさんの便利な機能があるのですが、その中で特に便利なのが、カーナビ情報の自動更新です。

備え付けのカーナビの地図情報は、時間の経過とともに古くなって、場合によっては使い物にならなくなってしまう事もあります。

iPhoneやAndroidなどのスマートフォンについているグーグルマップのアプリで代用する事も可能ですが、やはり運転時に使用するという場面ではスマートフォンよりも圧倒的に専用のカーナビの方が使いやすいです。

レクサスはDCMという通信モジュールが搭載されており、auの携帯電話の電波を使って常に通信をしています。

全国の高速道路や主要な道路、設定してある自宅や目的地周辺や経路などに変更があれば、すぐに地図データが最新の情報に更新されます。

地図情報に変更があれば、ナビに「地図更新」というボタンが出てきて、アップデートできる事を音声で知らせてくれます。

「地図更新」ボタンを押すと、最新のデータがダウンロードされて、アップデートされます。

↓レクサスのカーナビ自動更新の動画はこれです。

この機能がほんとに便利です。一度使い始めるともうやめられなくなります。

レクサスならではのこの便利な機能ですが、CPOではないレクサス中古車の場合、利用に制限がありますので要注意です。

少しだけ説明します。

G-Linkの料金体系説明

レクサスのG-Linkを利用するためには、一定の料金が必要になります。

新車で買った場合と認定中古車CPOで買った場合は、基本的に同じです。

問題は、CPOではなくトヨタのディーラーや一般の中古車屋さんでレクサスの中古車を買った場合です。

その場合、別途申込みをしなければならず、またG-Linkではなく一部機能が制限された「G-Link Lite」の利用になります。

レクサスのCPOと一般の中古車の違いが出る1つです。

新車・CPOと一般の中古車の料金体系は以下のようになっています。

非認定中古車の場合、契約事務手数料が必要になるのと、DCMモジュールの交換が必要な場合があるそうです。

DCMモジュールの交換が必要になると少し高額の費用が必要になってしまいます。

年間17,000円は安いとは言えませんが、ナビの自動更新やレクサスオーナーズデスクなどを使って、G-Linkの機能をフルに活用すれば個人的には価値のあるものだと思います。

 

ページTOPへ