前期に比べて格段に質感が上がった新LSのインテリアを紹介!

メルセデスベンツ、アウディなどのドイツ車と比べると質感が低く少し見劣りするという評価を受けていたレクサスの内装ですが、今回のマイナーチェンジでインテリアのデザインや質感もドイツ車に追いつく事ができたと思います。

前期型の垂直基調のデザインからメルセデスベンツのSクラスを思わせる水平基調に一新されました。

写真で並べて見るとそれほど大した差があるようには見えないのですが、実物は全くレベルが異なるものです。

レクサスLSのインテリア前期型と後期型の比較写真

実際の車に乗り込むと分かるのですが、高級感が格段に上がっています。横に広がる水平基調のデザインのせいもあってか、室内が非常に広くなったように感じます

このカテゴリーでは、グレードアップしたレクサスLS後期型のインテリアを写真や動画を使って説明します。

「レクサスLSのインテリア」に関する記事一覧

  1. GPS連動時刻補正機能付きアナログ時計
  2. センターコンソール
  3. HDDナビゲーションシステム
  4. ムーンルーフ(サンルーフ)
  5. 本木目ステアリング
  6. 幻想的なアンビエントライト
  7. ハイテク装備 etc.
  8. LSのリアシートは広い/iPad装着

役立つ情報は随時追加しておりますが、みなさまの疑問点や悩みを全て解決できていないかもしれません。お悩みや疑問点があればお気軽にご連絡下さい。できる限りお応えさせていただきます。

ページTOPへ