代車で借りたGS300hの評価と感想。LSとの比較

レクサスGS300h

LSを買ってから初めての車検を受けてきたということは、前回の記事で書きました。

以前に乗っていたセルシオの時は、車検でもその日に乗って帰れていたので、今回もそう思っていたら、1日くらい預かるとの連絡をいただきました。

結局、ディーラーの休業日を挟むことになって3日くらい車を預けることになりました。

その間に代車を貸してもらったのですが、代車の車種はGS300hでした。

初めてのレクサスのハイブリッドカーです。

それほどの距離を走ったわけではありませんが、LSとの比較などをしながらちょっとGS300hの評価を書いてみたいと思います。

LSとはかなり乗り味が異なる

レクサスも少しずつラインナップが増えてきて、それぞれ特徴のある車種が出てきています。

GSは、アリストの後継車種という位置づけになっていて、大型スポーツセダンとでも呼べばいいのでしょう。いわゆる大型セダン(Eセグメント)という部類です。

エンジンとか諸元表に記載されている細かいことはここではあえて書きません。

乗ってみた率直な感想だけを正直に書きます。あくまで素人の評価ですし、私の個人的な好みの問題もありますので、あくまで参考程度にしてください。

まず少し車内が狭く感じました。LSと比べるとサイズ的に少し小さいのであたり前なのですが、広さに関して言えば5人家族の私には少し不便に感じました。

チャイルドシート1台にジュニアシート2台を付けるという特殊な環境ですので、ほとんどの人には参考になりませんが、5人家族の人にはちょっと狭く感じるように思います。

ほとんどの人が4人までなので、4人乗りの車という事で評価すると車内の広さは十分すぎるほど余裕があります。

そして、次に印象的だったのが、車が軽く感じられた事です。悪く言えばちょっと重厚感に欠けるし、良く言えばスポーティーで機敏に動くという事でしょう。

GSのコンセプトがスポーツセダンなので、走行性能に重点を置いて、軽くスポーティーに仕上げているのでしょう。

おそらくカーブが連続するような道を走ればその能力を感じる事ができて、GSの魅力をより感じる事ができるのだと思います。

私は高速道路ばかりで、峠や山道などカーブがあるような道はほとんど走りませんので、GSの持っている潜在的な能力を引き出して感じる事ができなかったのだと思います。

外装のデザインは、スポーツカーっぽくてかっこいいです。外装のデザインに関してはLSよりもGSの方がかっこいいですね。

内装も高級感があって極上の仕上がりになっています。たぶん代車で借りたGSが上級グレードのものだったから特に上質に仕上がっていたのだと思います。

レクサスGS300hの内装

内装の質感に関しては、「さすがレクサス」という満足度の高いものになっています。

私の乗っているLSと少し違ったのが、ステアリングやパネルに使われている木の種類です。

たぶん竹が使われているのだと思います。明るい色で、走りを重視したGSに非常にマッチしていて、高度な次元でバランスが取れていてすごくいいと思います。

レクサスGS300hの内装に使われている竹の素材

レクサスGS300hの内装に使われている竹の素材

レクサスGS300hの内装に使われている竹の素材

レクサスGS300hの内装に使われている竹の素材

レクサスGS300hの内装に使われている竹の素材

もしかしたらLSには竹という素材はあまり合わないかもしれません。ISとかGSに使うと竹の持つしなやかで軽やかな質感が車のコンセプトにマッチしそうですね。

GPSで時刻補正されるアナルグの時計も高級感があります。

レクサスGS300hのアナログ時計

ダッシュボードもプラスチッキーな感じじゃなくて、肌触りの良い革が使われています。

レクサスGS300hのダッシュボードには革が張られている

ドアノブもプラスチックにメッキしたようなものではなくて、たぶんアルミだと思います。

レクサスGS300hのドアノブはアルミ素材

全体的な印象としては、最初は少し違和感があったけど、乗れば乗るほどそれに慣れてきてGSの持つ良さがだんだんと理解できるようになってきて、とっても良い車だと思いました。

GSはあまり街中で見かけませんので、あまり売れてないのかもしれませんが、大人のセダンだけどちょっと走りも楽しみたいというような人におすすめですね。

最後にLSとの比較をすると、私はやっぱりLSの方が好きです。

GSと比べて明らかに重厚感があって、スポーティーさに欠けるように感じるのですが、いざアクセルを踏むと本当に速いんですよね。個人的な感覚としては高速道路ではGSよりも全ての場面で速いと思います。

高級セダンならではのどっしりとした安定感のある乗り心地にながらも、アクセルを踏めば全くスピード感を感じさせずに一気に加速するあの感覚は本当にすごいですよ。

クラウンの乗り心地の良さとは根本的な何かが違うんですよね。単純にフワフワした乗り心地が好きという事であればクラウンの方が絶対に良いんですけど、レクサスはスピードが上がれば上がるほど安定感が増してその凄さが分かってきます。

レクサスって特にドイツ車と比較して、まだまだ低い評価をする人が多いですけど、走りの性能を考慮しても本当にいい車になってきてますよ。

ページTOPへ