車が好きならトヨタ博物館へ行こう!

愛知県はトヨタ自動車のお膝元だけあって、トヨタ博物館という車好きにはたまらない博物館があります。

トヨタの歴代発売してきた車の実物がずらーっと並んでいます。また、外車の古いものもたくさんあって、オールドカーが好きな人は思いっきり楽しめると思います。

さて、このサイトはレクサスをテーマにしているので、レクサスのことについて書きたいと思います。

トヨタ博物館にはなんと500台限定で販売されたレクサスのスーパーカーであるLFAの実物が展示してあります。

お値段は3,750万円とレクサスの中でも別格の存在となっていますので、ほとんど目にする機会がありません。

トヨタ博物館はLFAの実車を見ることができる数少ない場所の1つです。

スーパーカーはやっぱりカッコイイ!

レクサスLFAの前で写真撮影

せっかくなので、LFAの実車の前で記念撮影をしてきました。

好みの問題ですが、やっぱりスーパーカーはかっこいい。男のロマンですよ。

アルファードなんかのミニバンが巷では売れまくっているらしいけど、車としての魅力は全くないです。運搬道具としてはいいですけど、私は全く興味がありません。

やっぱり車は運動性能を突き詰めて美しくなくちゃダメですよ。デザイン、排気音、車内空間などが官能的でシビれるようなモノが好きです。

無駄なものが極限まで削ぎ落とされた車というのは必然的に美しくなるんだと思います。

レクサスLFAのエクステリア(前から)

レクサスLFAのエクステリア(後ろから)

デザインはフェラーリには追いついていないというのが正直なところですが、それでも本当にかっこいいですよね。

ただ、LFAは音をヤマハと共同開発したということで、気持ちいい最高の音を出すそうです。

音に関してはフェラーリなどのスーパーカーよりも上で世界一だと言われています。

今までLFAなんて全く興味がなかったけど、実物を見ると思いっきり欲しくなりました。

残念ながら運転席に乗ったり手を触れることはできませんが、LFAの実物を見てみたいという人はトヨタ博物館へ行ってください。

ページTOPへ